サイトマップ お問い合わせ・お見積り English
対応分野 | 翻訳サービス「ホンヤク社」
  1. HOME>
  2. 対応分野(工作機械)>
  3. さまざまな分野
ご相談窓口
お問い合わせ:03-6841-1121
お問い合わせ・お見積もり
登録スタッフ応募フォーム
対応分野

工作機械

その他機械

さまざまな分野

ホンヤク社グループ
 ホンヤク社では語学に関する様々な
 ソリューションを行っています
通訳派遣事業部
SRT事業部
弊社は、北米での販売展開をより強力に推進するために、米国カリフォルニア州において現地法人を設立いたしました。
加盟団体
・一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)
・一般社団法人 日本翻訳連盟(JTF)
・アメリカ翻訳者協会 (ATA)
・東京商工会議所
・東京都弁護士協同組合 特約店
・一般労働者派遣事業
 (派) 13-305172
・有料職業紹介事業
  13-ユ-305608
プライバシーマーク 株式会社ホンヤク社は
「プライバシーマーク」
使用の許諾事業者とし
て認定されております。
さまざまな分野
産業翻訳の世界は、機械・機器の翻訳だけではありません。さまざまな業界のさまざまな場面で、翻訳は必要とされます。
当社ではお客様の仕上がりのイメージにマッチした翻訳を心掛けており、お客様とのコミュニケーションを第一にプロジェクトを進めております。
ここでは、当社が40年以上の歴史において関わってきた、機械以外の業界・分野についてご紹介いたします。
官公庁・特殊法人・シンクタンク
国の重要な政策を動かしており、情報には厳重な守秘義務が不可欠です。また、日本はもちろん、各国の法律や法令などにも精通し、正確性の高い文章が求められることは言うまでもありません。
当社でも、官公庁の入札案件を手掛けたり、シンクタンクでのリサーチ翻訳など、政策にかかわる案件を年間相当数取り扱っております。
【主なクライアント】
総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、
環境省、農林水産省、防衛相、会計検査院、内閣府、人事院、金融庁、
消費者庁、公正取引委員会、検察庁、国税庁、水産庁、資源エネルギー庁、
特許庁、中小企業庁、国土地理院、運輸安全委員会、日本貿易振興機構、
国際協力機構、日本エネルギー経済研究所、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、
製品評価技術基盤機構、化学物質評価研究機構、科学技術振興機構、
情報処理推進機構、土木研究所、国立医薬品食品衛生研究所、
中央労働委員会、日本原子力研究開発機構、日本水道協会、
国際建設技術協会、日本海難防止協会、情報処理学会など
リーガル
契約書など法的文書が重要な書類であるということは、ビジネスの世界では論を俟ちません。商談をうまく進めていても、契約書の内容に不備などがあれば、一転、死活問題に発展しかねないほど重要性の高いものです。
当社では、リーガル翻訳の専門翻訳者を多く抱え、常に正確性・信頼性の高い翻訳をご提供しております。
官公庁案件などと同様に、厳重な守秘義務が不可欠でありますが、当社では40年以上の歴史の中で、一度も情報漏えいを起こしたことはございません。また、当社は東京都弁護士組合の特約店として、多数の弁護士事務所・会計事務所からのご依頼をいただいております。
【主な翻訳対応案件】
各種契約書、訴状、準備書面、判決、和解調書、内容証明、定款、規定書、
各種議事録、戸籍、登記簿謄本、答弁書、各種申立書
特許
企業において知的財産に重きを置くことは、もっとも重要な世界戦略の一つで、従来にない機能・技術を持った新製品を守ることは、企業の生命線です。
他社の模倣により、自社の利益が損なわれたり、また、他社に先に特許を取得されることで、自社の事業展開が制限されてしまったりなど、今日、特許戦略は企業の要となっております。
リーガル翻訳と同様に厳重な守秘義務が不可欠ですが、当社では情報漏えいを起こしたことはございません。また、当社では、特許事務所やメーカーから特許関連翻訳のご依頼をいただき、年間相当数の翻訳をご担当させていただいております。
【主な翻訳対応案件】
特許出願用明細書、優先権証明書、拒絶理由通知書、異議申立書、意見書、
特許公報、抄録、特許明細書、秘密保持契約、ライセンス契約、意匠登録、
各種中間処理、特許データ資料、特許訴訟関連など
エネルギー・環境
地球温暖化、水不足問題、土壌汚染、大気汚染など世界ではさまざまな環境問題があり、日本も技術大国として、世界的な問題の解決に寄与しております。
汚水の浄水化や、各国で規制されている化学品、工場からの排煙など各国が抱えている環境問題を理解し、法律・法令などを加味し、その国の言語で翻訳できる翻訳会社は、そう多くはありません。
私どもはJICAをはじめ、エネルギー機器メーカーや環境コンサルティング会社など、さまざまなエネルギー・環境分野の翻訳を手掛けております。
【主な翻訳対応案件】
CSR報告書、環境報告書、サステナビリティレポート、REACH・RoHS・ISO
など各環境規制関連の案件、水質・大気汚染関連、リサイクル、自然保護、
有害物質、野生動物などの案件
インフラ
時刻表通りに来る電車、スイッチを入れれば火のつくコンロ、蛇口をひねれば出るきれいな水。日本にいると当たり前に思ってしまいますが、これらの技術が、今世界で高い評価を得ており、鉄道・高速道路・ガス・電気・水道など、日本のインフラ技術の輸出が盛況です。先進国のみならず、新興国への輸出も盛んで、当社が得意とする多言語翻訳案件も数多く発生しております。
輸出先の国の生活が豊かになることは、我々にとってもうれしい限りで、さまざまな翻訳に関わることでその一助となれることを誇りに思っております。
【主な翻訳対応案件】
交通、自動車、道路、鉄道、電気、ガス、水道ネットワーク、電話、橋梁、
港湾、病院、学校、ごみ収集など
以上の資料・報告書・契約書・各種マニュアル・リリース関連など
IT・通信
日進月歩のITの世界。
私たちの生活に身近なところでは、インターネット通販やブログ、企業のホームページなどがあり、産業分野でもクラウドを活用したさまざまなサービスが生まれています。
米国をはじめ日本、欧州、アジアと世界中で、日々新しいサービス・技術が誕生しているのです。
他分野との融合が当たり前の分野であり、医療、金融、リーガル、各種機械など、さまざまな分野の専門性を加味した翻訳をご提供しております。
また、日本に拠点を構える英語圏以外の外資企業向けに、当社ではIT・通信の多言語翻訳を多く手掛けてきました。
【主な翻訳対応製品・案件】
取扱説明書、サービスマニュアル、仕様書、作業マニュアル、保守マニュアル、
ユーザーズマニュアル、テクニカルリファレンス、各種カタログ、CRM関連、
SCM製品、ERPパッケージ関連、ネットワーク関連、周辺機器など
金融・コンサルティング
私たちが日々生活の中で使うお金やクレジットカードから、国際金融市場まで、一口に金融といってもさまざまです。財務諸表やアナリストレポートや決算書類は、法律の文書と同じく正確性・専門性の高い翻訳が求められます。また、数字の誤訳は大きな問題に発展してしまうため、細心の注意が必要です。
ビジネスで使うような格調高い文書から、個人投資家などへ向けた読みやすい文章まで経験がものを言う分野でもあります。
【主な翻訳対応案件】
決算短信、アニュアルレポート、定款、M&A関連資料、目論見書、
事業報告書、内部監査書類、株式等運用報告書、決算説明会などの資料、
証券アナリストレポート、投資家向け調査レポート
メディカル・化学・科学・食品
私たちの健康・生命に密接にかかわる重要な分野です。また薬事法の改正、化学物質審査規制法、REACH、食品衛生法などが関連し、さらに治験や基礎研究や医薬品の特許なども発生し、非常に専門性の高い分野でもあります。
重ねてメディカルでは各種外科・内科・運動機能科などでは機器や薬品など、ケミカルでは新素材開発や薬剤の開発、科学ではIPSをはじめとする再生医療の研究など、先端の技術・製品などが生まれ、勉強不足が誤訳を招きかねません。
単なる、メディカル・化学分野が可能な翻訳より一歩先の、専門性に対し正確にまた深く対応した翻訳をご提供させていただいております。
【主な翻訳対応案件】
治験総括報告書、プロトコール、標準作業手順書、各種報告書、
CMC関連、CTD関連、医学資料、MSDS、申請概要書、症例報告書、
説明同意文書、医薬品再審査資料概要、安全性定期報告書、
医学論文、医薬品添付文書、医療機器取扱説明書、
医療用ソフトウェアの説明書など
通訳派遣事業部 | SRT事業部 | HONYAKU USA INC